台北門市營業時間
12:00~22:00 每週一公休
電話: (02)2312-2251
信箱: ninmusic@mail2000.com.tw
9784845632619

ジャズ無窮動(むきゅうどう)トレーニング (BOOK+CD)

道下 和彦(著)

商品版本:
日版
商品類別:
SCORE / PIANO
商品編號:
9784845632619
發行公司:
RITTOR MUSIC
發行媒體:
BOOK
發售日期:
2018/06/29 尚未發行
日幣售價:
¥2500円(未稅)
台幣約NT$910元 特價中NT$780
普通版 預約商品 特價進口書

無現貨,訂單確認後立即向國內外廠商訂購,一般已發行商品:日韓商品至少約1~2星期可到貨、歐美商品至少約1個月可到貨。 已發行的限量、初回商品或發行年代已經久遠的商品可能因為訂購困難,可能會超過2星期以上。

訂購須知

  • 九五樂府的商品都是收到您的訂單之後才會為您向國外廠商訂貨,國外的廠商一旦收到訂單後就無法接受隨意取消或更改, 所以麻煩大家下訂後請務必考慮清楚後再進行付款的動作。
  • 本店保留訂單接受與否權利,若因交易條件有誤或有其他情形導致商店無法接受您的訂單,將以E-MAIL通知給您。
  • 造成您的不便敬請見諒!
  • 商品說明

    全楽器奏者のための“弾きはじめたら止まれない! 休符なしの究極エクササイズ!
    無窮動(むきゅうどう)は、パガニーニの「無窮動 op.11」など、クラシックでは常動曲とも呼ばれる、コード進行にそった音符で埋めつくされた休符のないフレーズ・エクササイズのこと。習うより慣れよう!休符なしのトレーニングをひたすら弾き続ければ、さまざまな場面におけるフレージング技術が体得できます。

    弾けるようになったら、今度は自分のペースで譜例の音を分析していけば、コード・トーン、アプローチ・ノート、スケールの3要素の理解も深まっていきます。
    最終的には演奏技術、耳、集中力の訓練をしつつ「使える」フレーズも蓄えられていくことになります。
    アドリブなどで「好きな時に止まって弾ける」ようになるためには、まず「止まらずに弾ける能力」を身につける必要があり、この"無窮動トレーニング"はうってつけの練習方法です。

    ロングセラー既刊の『ギター無窮動トレーニング』は、ギター以外の楽器で使っている方も多く、実に役に立つ!と大好評。しかしそのような方々からよくいただくのが、"タブ譜があると、ちょっと読みにくいんですよね......"というご意見。ギタリスト向けゆえの「タブ譜」が譜読みの邪魔になるんですね。

    そこで同書からタブ譜を取り除き、五線譜のみにしてみたのが本書です。

    結果、例えば従来4ページ必要だった譜面は見開き2ページに収まり、譜めくりが必要になる部分もかなり減少しました。
    さらに何度か繰り返されるコード進行の区切り部分も、できるだけ各ページの頭から始まるように調整しましたので、使いやすさ、読みやすさも大幅にUP!

    全楽器対象、使用音域は下第3線F(へ音)から上第5間のA♭(変イ音)です。
    付録CDにはピアノによる模範演奏の音源と練習用のカラオケを収録。毎日のウォーミング・アップとしても有効なので、長期にわたってご使用いただけます。いろいろな楽器の方々に、もっと使っていただけるよう生まれ変わった"無窮動トレーニング"、ぜひこの機会に"無窮動体験"してみてください!

    ※本書の楽譜はタブ譜の有無以外は『ギター無窮動トレーニング』とまったく同一です。

    【CONTENTS】
    ■無窮動トレーニング基本編
    ◎メジャー1625(I-VI-II-V)進行
    ◎逆循環2536(II-V-III-VI)進行
    ◎44-36251(IV-IVm-III-VI-II-V-I)進行
    ◎メジャー・ターンアラウンド進行
    ◎マイナー・ターンアラウンド進行

    ■無窮動トレーニング1
    ◎ブルース進行 inC
    ◎ブルース進行 inF
    ◎ブルース進行 inB♭
    ◎ブルース進行 in Cm

    ■無窮動トレーニング2
    ◎リズム・チェンジ
    ◎リズム・チェンジ:バリエーション

    ■無窮動トレーニング3
    ◎ビ・バップの定番コード進行1
    ◎ビ・バップの定番コード進行2
    ◎ビ・バップの定番コード進行3

    ■無窮動トレーニング4
    ◎スタンダード系コード進行1
    ◎スタンダード系コード進行2
    ◎スタンダード系コード進行3
    ◎スタンダード系コード進行4
    ◎スタンダード系コード進行5

    著者プロフィール
    道下 和彦(みちした かずひこ)
    87年ボストンのバークリー音楽大学卒業。在学中に小曽根真グループに参加。小曽根真に紹介され、ゲイリー・バートンのツアーに参加。米の音楽情報誌'Down Beat'にも紹介されるなど好評を得る。その後もボストンを中心に活動。89年、帰国後拠点を東京に移し、日野元彦セイリングワンダーなど、多数のジャズ・グループに参加する一方、菅野よう子、本多俊之などのレコーディングにも参加。ジャズ、ロック、ポップス、ジャンルにこだわらない幅広い活動を行う。90年代以降はリーダー・アルバムも発表、さらに映画やテレビドラマの音楽を担当するなど、その活動は多岐にわたる。そして洗足音楽大学の准教授であり、インプロビゼーション、コンポーズ、アンサンブル、ギター実技の指導を行っている。
    近年は黒瀬香菜(org)​、​木下晋之介(dr)をフィーチャーした自己のグループのØrgaNeckStick(オルガネックスティック)でも活動中!